ロードバイクについて>5人の従業員から世界的な自転車メーカーに「TREK(トレック)」

正式名称は、トレック・バイシクルといいディック・バークが 1976年アメリカ・ウィスコンシン州オォータールーで 5人の従業員とともに創業しました。

大体は、略して「トレック」と呼びます。

オイルショックを背景に着々と成功を収め 80年代に爆発的に広がりを見せた業界で更に躍進するべく フレーム技術を進化させました。

アルミニウム、そしてスチールの半分の重量である カーボンファイバーの技術を練り上げその確かな技術を証明してきました。

1999年から2005年までツール・ド・フランス個人部門7連覇を達成した伝説のレーサー

「ランス・アームストロング」

が使用していたことも有名です。

ロードバイク・MTBともに上位機種のみではありますが、 独自開発のOCLVカーボン(炭素繊維強化プラスチック)は 一般人のみならずプロからも評価が高いです。

また、トレックでは最初の購入者に限りますが フレームの生涯保障を実施しています。
(フォーク、session シリーズ各モデル、 フルサスペンションバイクに搭載されたスイングアームを除く)。

ロードバイクについて

トップページ
オールマイティいいとこ取りのクロスバイク
ワイルドでカッコイイ、悪路もへっちゃら!出玉豊富なMTB
機能美を追求した究極のバイク、それはロードバイク!!
ツーリングに特化した質実剛健のランドナー
子供から大人まで大好き、日本で自転車といえばシティサイクル
オンロードの軽快さとオフロードの走破性を持つシクロクロス
高剛性と高振動吸収性、軽量と3拍子そろった究極の素材、カーボン
軽量で安価!反応抜群のアルミニウム
細く、硬く、美しいデザインが可能な由緒或る素材、クロモリ
職人泣かせの軽量で頑丈な素材、チタン
MTBルックにはご用心!!自転車購入のポイント
バイクの衝動買いはNG!自分の体に合ったものをセレクトしよう!
バイク購入後は素直に防犯登録しておきましょう
野外保管は危険がいっぱい!高級バイクは是非室内に
高級自転車は頑丈ですが繊細です。駐輪テクニックを磨こう
疲れにくく、美しいライディングフォームのヒント
パフォーマンスを最大限に生かすポジション調整の方法
重いギアでペダルを回すのは辛いだけ。正しいペダリングとシフトチェンジの方法
意外に知られていない?ブレーキングの正しいやり方
ビンディングペダルのセッティングと使い方!
自転車は車両!!ハンドサインを覚えて安全運転!
絶対に携行しておきたい5つ道具+1
揃えておきたい6つのウェア類
お尻が痛い!どうすればいいのか…
真夏を乗り切るためには!
冬の服装はちょっと寒いぐらいでちょうどいい!
夜を安全に走るために必須アイテムとは?
ジテツウ始めてみませんか?気軽なスタンスで健康に
自転車は有酸素運動にうってつけ!更に○○があると超便利!
MTBやクロスバイクならパスハンティングに挑戦しよう!!
上り坂と向かい風を攻略して「辛い」→「楽しい」に
テクニックを駆使してダウンヒルを駆け抜ける
休日は輪行に挑戦して旅行気分を味わってみよう!
車を使えばサイクリングの楽しみが無限に広がる!
観光地めぐりにはレンタサイクルが便利!
コンポーネントって言葉を良く聞くけど具体的には何?
80年代から急激な成長を遂げた日本のパーツメーカー「世界のSHIMANO(シマノ)」
業界を牽引し続ける老舗イタリアパーツメーカー「CAMPAGNOLO(カンパニョーロ)」
二代コンポーネントメーカーに食い込むアメリカの新興パーツメーカー「SRAM(スラム)」
ロードバイクのフレームビルダーとして名実とものに世界NO1と称されるイタリア老舗ブランド「COLNAGO(コルナゴ)」
ホリゾンタルフレーム、ODNAフォークが特徴的な日本で人気のイタリアメーカー「PINARELLO(ピナレロ)」
どこまでも鮮やかで美しいジオスブルー、イタリアメーカー「GIOS(ジオス)」
チェレステカラーが美しい最古の自転車メーカー「BIANCHI(ビアンキ)」
5人の従業員から世界的な自転車メーカーに「TREK(トレック)」
「INOVATEorDIE」がモットー「SPECIALIZED(スペシャライズド)」
高性能アルミフレームにこだわるアメリカメーカー「CANNONDALE(キャノンデール)」
「ナンバーワンではなく、ベストでありたい」とうたう、「FELT(フェルト)」
お洒落なビジュアルとリーズナブルさ、「LOUIS GARANEAU(ルイガノ)」
世界屈指の技術力と生産ラインを持つ台湾メーカー「GIANT(ジャイアント)」
名車「スーパーコルサ」を作った3大イタリアメーカーの一社「CINELLI(チネリ)」

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system